建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

建築面積

建築面積とは、建物の外壁や、柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(建物の真上から光を当てた時に地盤面に影となって映る部分の面積)のことです。ただし、外壁から1m以上突き出した軒や庇などは、その先端から1m外壁側に後退した部分までの面積を含みます。1階の外壁より2階の外壁が突き出している場合は、建築面積は1階床面積よりも広くなります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。