建築用語集

集成材

集成材とは、数cmの厚さに挽いた板を接着剤で何層も張り合わせて、角材のように加工したもののことです。1本の樹木から切り出した製材に比べて、反りやねじれなどの誤差が少なく、強度も高くなります。大断面の柱や梁、湾曲した化粧梁など、従来の製材にはなかったタイプも出ています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。