建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

2×4工法・枠組壁工法

枠組壁工法・2×4工法とは、角材の枠に構造用合板を張ったパネルを組み立てて建物をつくる工法のことです。一番たくさん使用される角材の断面の寸法が2インチ×4インチであることから「2×4工法」と呼ばれます。「枠組壁工法」ともいいます。壁(面)で支えるため、耐震性・気密性に優れるとされていますが、そのぶん、窓の位置や大きさなどが制限される側面があります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。