建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

ロックウール

ロックウールとは、玄武岩などの天然鉱物や高炉スラグ(製鉄業の副産物として発生する鉱物滓)を主原料として人工的に作られた無機質系繊維のことです。繊維の太さは平均3~5ミクロンで、断熱材、保温材、吸音材、耐火被覆材料などに使われます。吹きつけ用の粒状綿タイプと、ボード状・フェルト状・マット状などの成形品タイプがあります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。