建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

基礎断熱・外側基礎断熱・内側基礎断熱

基礎断熱とは、床の外気に接する部分に施す断熱方法のひとつで、床断熱をしないときに用います。基礎の外側、内側、もしくは両側に断熱材を施工し、床下換気口を設けない工法です。この場合、床下空間も居住空間と捉えられるので、防腐・防蟻薬剤が放散しないように注意し、換気計画も同時に行う必要があります。
外側基礎断熱とは、基礎断熱工法のひとつで、基礎の立ち上がりの外側に断熱材を設置することです。内側基礎断熱よりも断熱効率が高いですが、断熱材の防蟻対策が必要となります。
内側基礎断熱とは、こちらも基礎断熱工法のひとつで、基礎の立ち上がりの内側と、外周から900㎜の範囲で耐圧盤上に断熱材を設置することです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。