建築用語集

スランプ試験・スランプ値

スランプ試験とは、凝固前の生コンクリートの流動性を求める試験のことです。これによりスランプ値を求めます。
スランプ値とは、スランプ試験により求められる値のことで、建築では基礎では18cmが多く用いられます。この値が大きいと流動性があることを示し、施工性が高いことがいえますが、これが大きすぎるとコンクリートの強度低下にもつながります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。