建築用語集

断熱

一般的な木造住宅における断熱は、充填断熱工法もしくは外張断熱工法によって行われます。充填断熱工法は、柱などの構造部材間の空間に断熱材を詰め込む工法で、断熱材としてグラスウールやロックウールなどがよく使用されます。一方、外張断熱工法は、外壁材として硬質ウレタンフォームやフェノールフォームなど発泡プラスティックの断熱材を外張する工法です。それぞれに長所短所があり、使い分けられます。充填断熱工法は、コストが比較的安くなり経年劣化しにくい長所があるものの、壁内に結露を生じさせないよう気密性の高い施工が求められます。外張断熱工法は、壁の中に空間を残すため配線やダクトの工事がしやすく壁内の結露が生じにくい長所があるものの、大型地震によって外壁断熱材に変形が起きる可能性があります。高断熱とは、床・壁・天井から逃げる熱が少ないこと。その性能はQ値またはUA値で表され、数値が小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家といえます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。