建築用語集

気密

気密とは、空気などの流れを遮断していくことをさします。高気密とは、部材同士の隙間を無くし、家内外の空気の出入りを少なくした状態。その性能は、床面積当たりどれくらいの隙間があるかを示す「C値」で表され、数値が小さいほど気密性が高いことを意味します。気密性が高いと気圧や温度変化の影響を受けにくくなるメリットがあります。断熱性能だけを高めても、どこからか空気の流れができてしまっていれば、せっかく冷暖房を付けても効果が少なくなってしまうのです。意図していないすき間からこうした熱や空気が漏れてしまう事を防ぐためには断熱だけではなく気密という面からも効率を考えていく必要があります。暮らしやすさを考えるうえでは欠かせない要素といえます。
しかし、ただ気密性を高めるという事だけを考えるのではなく、必要に応じて換気をする仕組みというものも併用していくことが必要です。気密性が高いという事でこもった空気が抜けていかないため、ストーブなどを使う際には特に換気に気を付けましょう。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。