建築用語集

住宅ローン減税

住宅ローン減税制度とは、住宅取得者の金利負担を軽減するための制度です。毎年末の住宅ローン残高または住宅取得対価の内、少ない方の金額の1パーセントが10年間にわたって所得税の額から控除されることになります。会社勤務の場合は、その年の所得税が予め納入されているので、納めすぎた分は確定申告で還付してもらうことが出来ます。但し、一般的な住宅購入の場合は、一年間の最大控除額は40万円と決まっており、10年間では最大で400万円の控除になります。一方、「認定長期優良住宅」等の場合は、最大控除額50万円が適用されます。また、所得税から控除しきれない場合は住民税からも控除することができ、最大控除額としては、所得税と住民税の合計になるわけです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。