建築家と建てる家を、身近に、手軽に

賢い家づくり勉強会 講師のブログ

太陽光発電と蓄電池は相性抜群(大阪府 2019.2.24)

こんにちは。講師の城です。
本日は大阪府岸和田市にて、R+house加盟店・津田辰工務店主催の「賢い家づくり勉強会」へ行ってきました。

今回も多くの方に参加いただきました。
お客様を出迎える津田辰工務店さんは1組1組手書きのお手紙を添えていらっしゃっていて真心が感じられます。両者にとって素敵な出会いとなるよう、私も一生懸命に一つでも参考になる情報を提供できていればと思っています。

太陽光発電と蓄電池は相性抜群 画像1

本日も家づくりの基礎として、住宅の性能や、プランの考え方、土地選びのポイント、住宅ローンやお金の話しなど多岐に渡りお伝えさせて頂きました。

 

ご参加の方から「太陽光設置を検討しているなかで蓄電池も一緒に設置した方がいいですか」というご質問を頂きました。

蓄電池とは、電気を蓄え、必要な時に必要な分だけ使うことができます。

蓄電池はこれまで産業用として使われることが多かったのですが、近年防災意識が高まっていることや、省エネを促進する動きがあることから、家庭用の蓄電池の需要が高まっています。

太陽光発電とはとても相性が良く、この2つを組み合わせて使うことでメリットが増えます。長期的に考えると家計を助ける強い味方にもなります。ZEHに搭載必須な太陽光発電とあわせて、今後も普及が進んでいくものと考えられます。

太陽光発電と蓄電池は相性抜群 画像2

それでも新築時に蓄電池を設置するかはコストがかかるのでよく考えて頂きたいです。

蓄電池は新築時でなくても住み始めて数年後に設置することもできます。

新築時は後から変えられない性能や間取り(デザイン)にしっかりとコストをかけてそれでも太陽光や蓄電池にコストをかける余裕があれば設置するという選択肢が賢いことだと思います。

予算配分はとても大事になりますので住宅会社とよく相談してみてください。

 

せっかくのマイホーム住んでから後悔があってはよくないです。

みなさまが後悔しない家づくりを実現していただくために一生懸命話させていただいてますので機会ございましたらお近くで開催してます「賢い家づくり勉強会」に参加してみて下さい。

講師:城

この地域のイベント記事をもっと読む