建築家と建てる家を、身近に、手軽に

賢い家づくり勉強会 講師のブログ

断熱性能を保持するために必要なこととは?(福井県 2019.3.17)

こんにちは。講師の杉浦です。
本日は福井県坂井市のR+house加盟店・日の丸工務店合同会社様からご依頼をいただきまして、賢い家づくり勉強会の講師をつとめてきました。
福井県は大雪になるイメージですが、3月中旬では雪も降っていません。
気温も日中であれば10度近くあり、暖かかったです。

断熱性能を保持するために必要なこととは? 画像1

福井県での寒さ対策は各住宅会社も既に取り組んでいる会社が多く、お客様の意識も比較的高い印象を受けます。

しかしながら、気密性能に至ってはまだまだ認知度は低く、隙間の大きさによって計算上で算出された断熱性能もその性能値が発揮できないことはあまり知られていません。

 

この気密性能によって変わる断熱性能値を実質Q値と呼び、気密性能をできるだけ高くしていき本来の計算で算出した値をできるだけ下げないようにするために重要になります。

 

勉強会の最後には自分たちの適切な予算はいくらなのか、そしてその予算の根拠はどこにあるのかというテーマでハイアーFPを活用し、シミュレーションをお見せしました。

そこでは各家庭ごとの年収、家族構成などが異なれば銀行借り入れ可能額が異なったりするので、各家庭ごとに実施してくださいとお伝えさせていただきました。

断熱性能を保持するために必要なこととは? 画像2

福井県の皆様も講義中とても真剣に話を聞いてくださいました。

前回奥様お一人で参加された方も「主人に聞かせてあげたい」と言って、改めてご夫婦でご参加いただきました。

また、事前予約段階で定員を大きく上回るお申し込み数にも驚きましたが、とても嬉しく思います。

 

次回は、埼玉県にて賢い家づくり勉強会を予定しています。お近くの方は是非、ご参加ください。

講師:杉浦

この地域のイベント記事をもっと読む