賢い家づくり勉強会 講師のブログ

消費税10%まであと少しです(大阪府 2019.4.21)

こんにちは。賢い家づくり勉強会の講師を務めております、間藤寛典です。
本日は大阪府枚方市のR+house加盟店・株式会社WIS様に講演のご依頼をいただきまして、お話をさせていただきました。

枚方と言えば最近全国的に話題となったニュースが2つありましたね!
まず1つ目はジャンヌダルクの解散。枚方出身の伝説のロックバンドですね!
音楽が好きな私としては衝撃的なニュースでした。

2つ目は枚方のシンボル「枚方T-SITE」がカンヌで開催される「MIPIM AWARDS」の『BEST SHOPPING CENTRE』部門で最優秀賞を受賞したことです。
MIPIM(Marché International des Professionnels de l'Immobilier)とは、 世界の不動産、建築関係者が一堂に会する世界最大の不動産見本市です。
どうやらアジアで唯一の受賞だったそうです。素晴らしいですね!

さて、本日の勉強会は子育て支援情報誌の「まみたん」とWIS様が共同で企画されたイベントで、会場に到着すると既に満員状態・・・

なんと20組のお客様にご参加いただきました。

どうやら40組ほどお問い合わせをいただそうなのですが、会場の定員の問題もあり、先着順だったそうです。

 

そんな勉強会でもお話をさせていただきましたが、2019年10月には消費税10%への増税が控えてますね。

住宅購入をご検討されている方としては何かと気になる部分だと思います。

2014年に消費税が5%から8%に増税された際に多くの駆け込み需要があり、その反動が著しかったため、政府はかなり警戒をしている様子です。

特に住宅業界や自動車業界は景気に与える影響が大きな業界のため、手厚い対策を講じるようです。

 

住宅への消費税対策は大きく以下の3つ用意がされています。

①住宅ローン減税の控除期間が13年間に拡充される

②すまい給付金の支給対象が拡大される

住宅エコポイントの復活

こう見てみると、手厚い待遇が用意されていますね。

 

簡単に申し上げますと、住宅ローン減税の期間延長で購入時の2%増税分は大方補完できますし、年収775万円以下の方であればすまい給付金も貰えます。

そして購入した住宅がエコ住宅であれば「エコポイント」までもらえることになります。

消費税10%まであと少しです 画像2

ローンが組めない方や短期間でしか住宅ローンが組めない方、775万円以上の年収があり、給付金対象外の方以外はほぼ消費増税による負担増はないと言っていいでしょう。

 

ただし、住宅の取得を安易に先送りしてしまうと、金利や物価の上昇、家賃の支払いなどが原因で実は損をしてしまっているといったようなことが起きることもありますので、まずはご自身の適切な住宅購入時期をしっかりと把握することが大切だと思います。

 

それでは本日はここまでとさせていただきます。

今後も全国各地で住宅やお金に纏わる講演をしておりますので、お時間のあることは是非ご来場ください。

講師:間藤

この地域のイベント記事をもっと読む