建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

自然素材

自然素材とは、合成化学物質や化学建材ではない天然素材のことを呼びます。
近年では有機物質を使っていない自然素材でできた住宅が注目を呼んでいます。ビニールクロスではなく漆喰や天然石の壁、化学接着剤でつなぎ合わせた合板のフローリングではなくナラやマツなどの木材の床など、自然素材を建材に使用している住宅もあります。フローリング塗装も柿渋や植物性オイルで行い、屋根も天然石でできているような住宅もあります。
このように自然素材で作られた家は、住居者にとって無害であり健康的に暮らせることがまずひとつのメリットです。
塩化ビニールシートなどは燃えると有毒ガスが発生しますし、デリケートな人は化学物質によりアレルギーや喘息を起こる場合もあります。
また天然石や木材、炭化コルクなどの自然素材は、耐久性や耐候性は高くないものの、メンテナンスをきちんと行えば経年変化を楽しみながら長く使えます。一方、合板などの化学建材はメンテナンスを自然素材ほどは必要としませんが、例えばビニルクロスは呼吸をしないために、黒カビが発生しやすいというデメリットもあるでしょう。
このように自然素材を使った家は、住居者にも環境にも優しい家です。安心して長く住み続ける家を建てたいと考えた際に、自然素材は偉大な力を発揮してくれるのです。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。