建築用語集

減歩

減歩とは、開発行為にともなって地権者の土地面積に事業の前後で変化があった場合に、その面積が減った分を「減歩」といいます。通常は、土地区画整理事業で使われる用語で、公共施設の用地や保留地を捻出するために、地権者から同じ割合で供出させる土地を意味します。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。