建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

定期借地権・低地借家権

定期借地権とは、契約期限が来た時に契約の更新がなく、建物を取り壊して更地にして返還する必要がある借地権のことです。契約期間の延長がなく、立退料の請求もできません。
定期借家権とは、契約更新のない定期建物賃貸借権のことです。契約期間の上限はありません。定期借地権のように借地借家法に権利として規定されているわけではなく、同法38条に定期借家契約ができると定められています。契約を結ぶ際に、家主は、借家人に対して公正証書などの書面を公布して「更新がなく期間満了により終了する」ことを説明する義務があります。契約終了の1年前から6か月前までの期間に契約終了の通知をする必要があります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。