建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

床の間

床の間とは、和室のしつらいの一つで、茶室や座敷の正面奥の、香炉を置いたり掛け軸や花入れを飾るための空間のことです。 通常は、床柱、床がまち、床畳・床板、落し掛け(床の間上部の小壁を受ける横木)などで構成されています。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。