建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

長押

長押とは、和室の化粧材の一種で、鴨居の上部につける「内法(うちのり)長押」をさすのが一般的です。元来は、軸組を引き締める役割を果たしていました。柱の最下部の「地覆(じふく)長押」、窓の下につける「腰長押」、天井回り縁の下部の「天井長押」、天井と鴨居の間の小壁につける「蟻壁(ありかべ)長押」などがあります。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。