建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

柱とは、建物の骨組みで、屋根や床の重さを支える役割をする直立した部材のことです。木造軸組工法やラーメン構造の中で、梁とともに構造上で重要です。2階建て以上の木造住宅では、土台から軒桁まで複数の階にわたって継ぎ目のない1本の角材になっているものを「通し柱」、各階ごとに梁や胴差しなどの横架材で区切られたものを「管柱(くだばしら)」、柱と柱の間で壁の下地材をはるために入れる二つ割の材を「間柱(まばしら)」といいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。