建築用語集

回り縁

回り縁とは、居室の天井と壁の最上部が接するところに水平につける見切り材(連続した仕上げが終わる端部の納まりをよくするために取りつける材)のことです。「天井回り縁」ともいいます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。