建築家と建てる家を、身近に、手軽に

失敗しない
土地探しのコツ

みなさんは土地を探そうと思ったら、まずはどこに行きますか?
理想の家を実現するための土地探しのコツをご紹介します。

土地探し=不動産会社は正解ではない?

家を建てる前の土地探しの際、最初に行くところとして、不動産会社を思い浮かべる人は多いと思います。新聞広告や雑誌の土地情報などを見て「この地域なら買えそう」と、なんとなくのアタリをつけて行かれる方も多いでしょう。

しかし、希望通りの土地というのは、なかなか見つからないもの。不動産会社を巡り歩いても、思うような条件の土地が見つからず、疲れ果ててしまった……なんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

家を建てるために土地探しをする場合、最初に不動産会社に行くのは正解ではありません。“いい土地”を探したいだけなら、不動産会社でも大丈夫です。しかし“いい土地に、いい家を”とセットで考える場合、最初に行くべきところは住宅会社なのです。自分が住みたい家の条件と、現実的にかけられる予算から、おのずとふさわしい土地が絞り込めてくるはずです。

土地と家、どちらを中心に考えるかが大きなポイント。R+houseはお客さまの理想の家を実現する土地探しに、全力でご協力いたします。

土地探し=不動産会社は正解ではない? 1
土地探し=不動産会社は正解ではない? 2

理想の土地が見つかった後は

R+houseで理想の土地が見つかったら、以下のような流れで進行します。

① 敷地調査
敷地調査とは、土地の測量を行い、法規制、権利関係、地盤の強さなどその土地固有の特性を調べること。R+houseでは、実績のある第三者機関に依頼し、正確でクオリティの高い「敷地調査報告書」をご提示します。

② プラン打ち合わせ
敷地調査が完了したら、土地の形や向き・傾き、法規制などを踏まえ、土地の特性を活かした建築プランを設計していきます。

③ 最終プラン・お見積もりご確認
打ち合わせを重ねて、ご納得いただける建築プラン・予算に決まったら、ご契約・建築開始となります。

理想の土地が見つかった後は

その他、R+houseでは住宅建築のプロが、土地探しのポイントをお伝えする勉強会を随時開催しております。
以下のような内容に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

  • ・ 土地探しで一番大事なこととは?
  • ・ 資産価値のある土地ってどんな土地?
  • ・ 土地探しにおけるトラブルを回避するには?
  • ・ 実際に現地を見るときのポイントとは?
  • ・ 地盤調査・地盤改良って何?

関連リンク