建築家と建てる家を、身近に、手軽に

建築用語集

抵当権・根抵当権

抵当権とは、金融機関が不動産を担保に融資するときに、いわゆる「借金のかた」として設定する担保権のことです。借り手が返済できなくなった場合に、抵当権を実行して任意処分や競売などによって債権を回収します。
また根抵当権とは、抵当権の一種で、普通抵当権が住宅ローンを借りる時など特定債権の担保として設定されるのに対して、根抵当権は、将来借り入れる可能性のある分も含めて、不特定の債権の担保としてあらかじめ設定しておく抵当権のことです。借入可能な限度額を「極度額」として定め、この範囲なら何度でも借りたり返したりできます。

後悔しないための賢い家づくり勉強会

家づくりを始める前に必要な知識を、プロが分かりやすくお伝えします。